バストアップに良い方法

バストアップに良い方法は?

 

一般的に胸の大きさは、遺伝や生まれつきのものではないといわれています。

 

小さいけれど仕方がないと諦める前に、自分でバストアップすることができます。バストアップに欠かせないのが、女性ホルモンです。

 

身体の中で作られるホルモンの量には限りがあるために、女性ホルモンと同じ働きをする大豆製品をより多く食べるようにしましょう。

 

豆腐、味噌などです。日本食を中心とした食生活にすることで、日頃不足しがちな大豆製品を多く食べることができます。食べるのが難しいときは、豆乳を飲むようにしましょう。

 

また、バストアップのためにエクササイズも欠かせません。胸はそのままにしておくと、重力の影響で下に垂れてしまいます。

 

片方の手で、バストを支えて、もう片方の手で脇の下から斜め上に持ち上げるようにすると効果的です。

 

一日では大きくならないので、毎日継続して行うことが大切です。ただし、生理前などで、胸を触ると痛みがある時は、無理に行ってはいけません。

 

年齢がいくつになってもバストアップできる?

 

バストは成長期を過ぎれば、もう大きくならないと考えてしまう人も少なくないでしょう。

 

ですが、成長期を過ぎても、努力次第でバストアップができる可能性は残っています。

 

その方法の一つが、バストアップマッサージです。

 

ただ、バストは脂肪で出来ている為揉むと脂肪燃焼に繋がりバストが小さくなってしまう可能性があります。

 

ですから、揉むのではなく、リンパや血液の流れをよくするように、マッサージをしていく事が大切です。

 

そして、最近注目を集めているのが、大豆イソフラボン等、女性ホルモンに似た働きをする成分を摂取する方法です。

 

女性ホルモンには、女性らしい体つきを作るという働きがありそれに似た働きをする成分を摂取する事でバストが大きな女性的な体つきに変えていく事ができるというものです。

 

ただ、どちらの方法も、劇的にバストが大きくなる訳ではありません。

 

バストアップを考えたら、数ヶ月から1〜2年は、バストアップマッサージを行う、女性ホルモンに似た働きがある成分を摂取するという事を続けていく事が大切です。

 

バストアップするための生活習慣

 

胸の大きさは生まれつきのものではありません。自分の意識次第で、胸を大きくすることが可能です。

 

しかし、日常の何気ない習慣がバストアップを邪魔していることがあります。

 

例えば、猫背は胸を支える大胸筋を衰えさせてしまいます。

 

猫背は実際のバストの大きさより小さく見せてしまうというデメリットもあるので、姿勢に気を付けるだけで胸を大きくすることができます。

 

同じように、デスクワークを長い間続ける仕事の場合も、バストが垂れてしまいがちです。

 

意識して上を向くようにしたり、休憩の間に肩を回しましょう。

 

そして、自分の胸に合うブラジャーをつけることも大切です。

 

自分のサイズはこれと決めつけて、ずっと同じサイズを着けるのではなく、買う度にサイズを測り、胸に合ったものを選ぶことも大切です。

 

胸に合わないブラジャーはバストの型崩れの原因になります。

 

ぴったりなものを選ぶと、胸をしっかり支えることができるので、バストアップ効果も高くなります。

 
  • LINK2を更新しました
  • LINK1を更新しました
 

 
バストアップに腕立て伏せ バストアップラボDVDの特徴 バストアップラボ バストあっぷるんは自宅で出来ます